先輩紹介

思い描いたカタチに
なっていく見える成果に
楽しさを感じる日々

松葉 真理MARI MATSUBA

工事部 工事課/2014年入社

松葉 真理

トイレの新設や分煙化、空気清浄機…。
産休制度もあり、女性が働きやすい環境です

私は現在、現場の施工管理を行なう部署に所属し、おもに工事の工程、品質、安全、原価といった4つをバランスよく管理しながら工事を進めていく仕事を担当しています。

入社前は、3Kですぐに怒鳴られるような現場を想像して覚悟していました。ところが入ってみると、そのイメージは一新。建築用語などわからないことは素直にたずねる姿勢を持っていれば、先輩や作業員さんがとても親切に教えてくれますし、事務所内も現場も整理整頓が行き届いて清潔でした。

また、私は技術者として女性第1号だったのですが、私のためのトイレを新設していただいたり、事務所内の分煙化や空気清浄機の設置などとても働きやすい環境を整えてくれたのです。おかげで女性だから働きにくいと感じたことは一度もありません。産休を取る先輩も出てきましたし、子供を預ける先も会社で探していただけるそうです。

そういった制度が整っていることから、私も結婚後はぜひ働き続けたいと考えています。

造ったモノが地域の風景に溶け込み、
人々の生活の一部となることに感動

松葉 真理

入社1年目で、ある川の護岸工事を担当しました。竣工後に行ってみると、私達が並べたブロックのうえを地元の住民の方々が散歩していたり、子ども達が遊んでいたりという風景を見ることができたのです。嬉しかったです。自分が造ったものが生活の一部となり、地域の風景になっているのが感動的で、ものづくりの醍醐味を味わえることができました。

今、入社3年目で工程管理や材料の調達などはすべて自分次第。前の晩に「こう造ろう」と思い描いた通りに作業員さんが造ってくれると、やりがいを感じます。日々、見えるカタチで成果が表れるのがこの仕事の楽しさです。

夢は、現場所長になって、一つの大きな現場、例えばダムなどを竣工させてみたいです。

当社は若手を積極的に採用して、会社を変えていこうという気風に今、漲っています。若手の意見もどんどん聞いてくれる会社なので、「自分が会社を変えてやるぞ!」という気持ちとやる気のある人にぜひ入社してほしいですね。

朝礼前には、作業員の方々に新規入場のアンケートをとったり、安全上の注意事項を書いてもらったりします。注意事項については朝礼で発表してもらいます。

昼間の作業では施主様に作業したところを報告するための写真撮影や、測量、また出来上がったものの大きさを測る出来形管理などを実施します。

片付けの後は事務所に戻り、施主様へ提出する協議書類や明日の作業の予定を組む安全書類、写真整理などを行ないます。

一日の流れ

PAGE TOP