先輩紹介

自分がたずさわった現場に
ピカピカの構造物が
できるのが仕事の醍醐味

手嶋 淳一JUNICHI TESHIMA

工事部 工事課/2016年入社

手嶋 淳一

「頑張って続けろ、応援しているぞ!」
先輩や作業員さんの励ましでやる気が湧いてきます

高校生の頃から水道施設関連の仕事がやってみたいと思っていました。取手をひねれば蛇口から水が出るということは当たり前だけどすごいことで、人々にとって大切なものに関わってみたいという思いがありました。

他のゼネコンは、最初に道路工事を担当したらずっと道路工事という風に1種類の工事しかできないところがあるそうです。しかし当社ならさまざまな工事を経験させてもらえ、技術者としていろいろと挑戦でき、さらには水道施設の工事もやらせてもらえるのではと思ったのが入社の理由です。

入ってみれば、入社1年目にして材料の発注や検査資料の電子化作業などを担当し、若手でも責任ある仕事を任せてもらえることを実感しています。

測量のミスで作業員さんの手を止めてしまって注意されたこともありますが、先輩に食事に誘ってもらって励まされたり、作業員さんからはことあるごとに「頑張って続けろ」と応援されたりしています。そんな時は俄然、やる気が出てきますね。

目標は、水道施設をはじめさまざまな現場を経験すること。
そして、最難関の「技術士」の資格取得を目指したい

手嶋 淳一

入社して初めて護岸工事にたずさわった時のことです。工事が終わって仮囲いを取り外したとたん、重機が動き回っていた場所を地元の人がすぐに散歩などをして歩き出したのを目の当たりにしました。自分も参加した現場だったので感動したのを覚えています。

まだ新人ですので現場の仕事に慣れて覚えていく段階です。そんななか測量を手伝って線を引いたところの工事が進み、少し前まで何もなかった場所にピカピカの構造物ができるというのが、仕事の醍醐味かなと思います。

あと、現場を地域の方々が見学しにきたり、小学生参加の見学会を開いて子供達に興味を持ってもらったりするのも嬉しいですね。より地元に密着していることを肌で感じることができます。

目標は水道施設もそうですが、さまざまな現場を経験したいということです。また、資格のなかでも最難関の「技術士」を取得したい。これは当社ではまだ誰も取っていないもので、ぜひ目指して頑張りたいです。

朝一番にやることは、事務所や作業員さんの休憩所の清掃です。

その後、現場が落ち着いている場合は事務所で書類の作成を行ないますが、基本的には現場に出て測量の手伝いや材料発注、工事写真の撮影などを担当します。

17時に現場作業が終わった後、残っている書類作成を行ない、翌日の作業の準備をしてその日の仕事は終了です。

工事が始まると目まぐるしく時間が過ぎて、あっという間に1日が終わります。

一日の流れ

PAGE TOP